診断結果 :

あなたのキャリア・アンカーのタイプは……

「純粋な挑戦」

(CH: Pure Challenge)

不可能と思えるような障害を乗り越えること、解決不能と思われてきた問題を解決することなどを追求してやまない。常に「困難」を探し求めているため、特定の仕事や専門性にこだわらない、挑戦家・冒険家タイプ。

純粋な挑戦 (CH: Pure Challenge) についての解説

純粋な挑戦をキャリアアンカーとする人は、解決困難に見える問題や解決の手ごわい相手やライバルとの競争にやりがいを感じます。

自身の昇進や昇給、スキルアップなどが目的ではありません。打ち勝つ知力、人との競争にやりがいを感じ、真新しさ、変化、難しさが目的となり、自分を試し続ける「挑戦」が人生の主たるテーマとなっています。

あえて困難に飛び込んで挑戦します。誰もが無理だと思うような環境・状況下で問題を解決する事に喜びを感じます

専門・職能別コンピタンスの人々は自分の技能を高いレベルにすることに魅力を感じるのに対して、純粋な挑戦をアンカーに持つ人は困難な問題に挑戦することに魅力を感じる点で異なります。

純粋な挑戦 をキャリア・アンカーとする人が向いている仕事や働き方

純粋な挑戦をキャリアアンカーとする人が向いている仕事は、多くの部署がある企業で様々な事業を営んでいる企業が向いています。全く違う部署への異動や転勤などにも前向きに取り組みます。

純粋な挑戦をキャリアアンカーとする人の働き方は、新規事業や新プロジェクトなどを立ち上げる際や組織に新規人材を採用する際には効果的です。

現在の仕事ができるようになると新しい仕事を探します。困難な状況に立つ意味で全くの未経験の業種への転職を考えます。

その他のカテゴリー一覧

キャリア・アンカー 参考書籍

キャリア・アンカー ― 自分のほんとうの価値を発見しよう (Career Anchors and Career Survival)

キャリア・アンカー ― 自分のほんとうの価値を発見しよう (Career Anchors and Career Survival)

エドガー・H. シャイン (著), Edgar H. Schein (原著), 金井 寿宏 (翻訳)

2003/6/1

シャイン博士が語るキャリア・カウンセリングの進め方: <キャリア・アンカー>の正しい使用法

シャイン博士が語るキャリア・カウンセリングの進め方: <キャリア・アンカー>の正しい使用法

エドガー・H. シャイン (著), 尾川 丈一 (著), 石川 大雅 (著), Edger H. Schein (原著), 松本 美央 (翻訳), 小沼 勢矢 (翻訳)

2017/1/20

これからのキャリア開発と組織社会化

これからのキャリア開発と組織社会化

エドガー・H・シャイン (著), 尾川 丈一 (著), 株式会社パーソル総合研究所 (著)

2021/7/5

人を助けるとはどういうことか ― 本当の「協力関係」をつくる7つの原則

人を助けるとはどういうことか ― 本当の「協力関係」をつくる7つの原則

エドガー・H・シャイン (著), 金井 壽宏 (監修), 金井壽宏 (監修), 金井 真弓 (翻訳)

2009/8/8

キャリア・マネジメント3冊セット:変わり続ける仕事とキャリア

キャリア・マネジメント3冊セット:変わり続ける仕事とキャリア

E.H. シャイン (著), J. ヴァン=マーネン (著), エドガー・H・シャイン (著), 木村 琢磨 (監修), 尾川 丈一 (翻訳)

2015/7/31